【マインドマップ書評】マンガでやさしくわかるアドラー心理学丨岩井俊憲

この記事をシェアしてみよう

『嫌われる勇気』がとても刺さったので、さらにアドラー心理学への理解を深めようと、今まで何となく避けてきた「マンガでやさしくわかる」シリーズをはじめて手に取ってみました。「ダメ出し、減点主義、結果が全て、失敗を責める、ありがとうなし」、これでは勇気が挫かれますよね。

『嫌われる勇気』は心理学の本としても読めますが、本書『マンガで~』は、自己啓発書のジャンルです。正直、『嫌われる勇気』の方がより深い思索に導く良書ですね。『マンガで~』シリーズ、読まず嫌いだったけど、やっぱり苦手…。

アドラー本、感じるところが多いので、古い本にさかのぼって読んでみることにします。『嫌われる勇気』はマインドマップ化してあるので、帰省後アップ予定です。

シリーズ続編出ていますね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。更新を通知しますのでフォローお願いします。
twitter feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で鈴木ずかんをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
鈴木ずかん
三児をワンオペで育てる現在無職のシングルファザーです。公的補助金で細々と暮らしていましたが、子どもの教育にもっとお金をぶち込んでみたい欲目が出てきた&貯金食い潰したwwwため、退路なしのアフィリエイトサイト実践中。このブログでは育児やお金やトレンドについて雑多に書いていきます。 twitter feedly にてフォローしていただけると嬉しいです。
スポンサーリンク
レクタングル(大)