【マインドマップ書評】起業1年目の教科書丨今井孝

この記事をシェアしてみよう

起業1年目の教科書丨今井孝

スポンサーリンク
レクタングル(大)

起業したい人の教科書ではなく、起業1年目の教科書

起業したい人の教科書」ではなく、「起業1年目の教科書」というタイトルが秀逸です。

内容は実は「起業したい人の教科書」ですが、著者が何度も伝えてくるのは、「階段思考」、すなわち、

大きな目標を達成するための細かな階段をつくろう

ということ。そして、

「起業」とはハードルの高い大きなチャレンジではない

というメッセージ。

だからこそ、

「実現したいことがあるならまずは起業してみようよ」

「この本はそれから読めばいいよ」

というメッセージを込めて、「起業1年目の教科書」というタイトルにしたのだと思います。

起業と言っても、「会社をつくる」と重く考えず、「業を起こす」程度で考えていいと思います。

でも、最近は「会社をつくる」もかなりハードルが低いと聞きますよね。そんな本も読んでみよう……。

そりゃ動かなきゃ変わらないわけで……

起業1年目から成功する人は、5分で目標を仮決めする。

仮に決めてやってみる。違っていたら変える。

p90

ここはとても耳が痛いところ。完璧を求めて結局動けない、ということがままあるので。

100回失敗して100回改善したら、うまくいかないことなんてないよね。そもそも100回も失敗することなんて、実際に数えてみればそんなにない。

投資と同じで、まずは機会を増やすことが大切なのだと思います。

1ヶ月に1回、100%を投下するより、1ヶ月に3回、……60%を投下し続けるイメージ。

そしてやっぱりキモは、チームづくり

起業1年目から成功する人は、こだわらずにチームをつくる。

あなたのビジネスチームは何回か入れ替わりがあって、最後に最高のチームができるものです。

p276

チームをつくる大切さも最近強く感じます。

でも、チームづくりでも完璧なメンバーをもとめてしまって結局動かないなんてことがある。

入れ替わるのが当たり前なんだから、そして、それぞれのいいところが集まってチームになるんだから、最初は「気持ち」だけ受け取って、細かいところは気にしなくてもいいのかもしれない。

だって、アルマゲドンだってオーシャンズ11だって、Desperadoばっかりじゃん(笑)

有力者にかわいがってもらえる人になろう☆

起業1年目から成功する人は、有力者にかわいがってもらう。

p268

やはり実際に「会う」ことが大切だと思います。これはもう、ほんと、もっともっと大切にしたい!本物に触れているだけで、本物になっていくからです。もちろん最後は自分の実力次第ですが。

最近一番モヤモヤしているのが、ここ!!地理的条件とか、子ども三人を預けられないとか、できない理由ばかりが浮かんできてしまって……。

でも、「行かないと死んじゃうよ?」って言われたら、なんとしても行きますよね。じゃあ、覚悟や本気度が足りないってこと?そういうわけでもないんですが……(T_T)

なんらかのコミットメントを本気で立てると、それに関係するご縁が、必ず、つながっていきます。これは実体験として言えます。

でも、それを大切に育てることができない人が多い。もちろんぼくも……。それがとっても悔しくて心がモヤモヤする今日このごろです。
起業3~4年目の方が、この本を読んでどう感じるのか、知りたいなぁ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。更新を通知しますのでフォローお願いします。
twitter feedly

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で鈴木ずかんをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
鈴木ずかん
三児をワンオペで育てる現在無職のシングルファザーです。公的補助金で細々と暮らしていましたが、子どもの教育にもっとお金をぶち込んでみたい欲目が出てきた&貯金食い潰したwwwため、退路なしのアフィリエイトサイト実践中。このブログでは育児やお金やトレンドについて雑多に書いていきます。 twitter feedly にてフォローしていただけると嬉しいです。