長期休みは何して遊ぶ?『さけ科学館』に行ってみました

この記事をシェアしてみよう

子どもたちが長期休みに突入。ぐはッ。

母親ならわかるこの恐ろしさ。ぼくもよくわかります。

ぼくの場合は長期休みであろうがなかろうが四六時中ほぼ子どもと一緒にいるのですが、幼稚園という「場所」がないだけで、子どもたちがいつもより騒ぐんです。

ひーまーだー

今日はどこいくのー

お腹すいたー

3人ともピーチクパーチク。

というわけで、行ってきました。

札幌市豊平川さけ科学館

なにげに初めてです。

いまだに シャケ なのか サケ なのかよくわかりません。あと、 サーモン も。同じ魚ですか?

IMG_5182

建物にさけのモチーフが二匹いますね(笑)

設計は 田上義也 氏。北海道にたくさんの作品を残している建築家、らしいです。

ぼくは北海道出身ではないので知らなかったけれど、「ろいず珈琲館 旧小熊邸」にはコーヒー飲みに行ったことはあります。木の細工の美しさはもちろん、個人的には天井の高さで空間の質を変えているところが心地いいな、と思える建築でした。

ライトの帝国ホテル建設事務所で働いていたことがあるのだそうな。なるほど、建築をかじっていたものとして、なんかわかる気はする。そして、妻は小さいときに田上義也氏の設計した住宅に住んでいたのだと。

IMG_5131

入ると科学館におきまりのパネル展示がお出迎え。鮭の回遊ルートとか生態が展示されています。子どもは興味なしこさん。大人は面白かったです。

IMG_5134

パネル以外はほとんどこんな感じ。小さな水槽でサケが見れます。一口にサケと言っても、たくさんの種類がいるんですね。

IMG_5138

最近、いたるところで娘2歳が兄に助けを請うようになりました。困ると、こう呼ぶんです。

 おにぃにマ~ン!!(*´∀`)

兄は喜んで駆けつけてきます(笑)

IMG_5142

すごいべったりでしょ(笑)

IMG_5145

水槽コーナーを抜け、地下に向かう階段へ……。

IMG_5146

こちらでは、サケの成長順に水槽が並んでいます。

IMG_5153

なんでこんなに色が違うのかな?今写真見て初めて疑問に思いました。

IMG_5160

敷地内に別棟があって、そちらには他の水棲生物も。

IMG_5162

ザリガニ。こういう節足系の生物を見るといつも思うのだけど、3メートルくらいあったら、超こわいよね……。

全然関係ないけれど、それを考えるといつも思い出すのが映画「スターシップ・トゥルーパーズ」。観たのは中学生頃かなぁ?永遠の超B級映画。面白くないのに面白い記憶が……笑)

IMG_5163

稚魚。寄ってくる寄ってくる(笑)

IMG_5169

夏はこちらで餌付け体験もできるみたいです。

IMG_5164

と、こんな感じの場所でした。

超コンパクトな無料の水族館です。冬季は駐車場も無料だし、子どもたちとの時間を持て余しているようなら行ってみては(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございました! 我ながらグッとくること呟きますので、twitterフォロー していただけると嬉しいです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で鈴木ずかんをフォローしよう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)