あなたも他人事じゃないシングルファザーのワンオペ育児とセックスの話

この記事をシェアしてみよう

断言するが、子ども三人が目の前にいる状態で三人に平等に愛情を注ぐなんて、風呂に入りながら料理をつくると同時に本を読むくらい不可能なことである。

注目して欲しいという気持ちが強い子どもほど親の気に障ることを敢えてしてくるわけで、こちらも予定調和のようにその子に「キエェー!!」となってしまう。なんて不毛な悪循環であろうか。キレる私をやめたい。

よって、子どもと親の両者の心を平安に保つには、マンツーマンのデート時間は絶対に必要。精一杯その子だけと向き合う時間を確保することで、自分も相手も、溜まってしまったガスを抜くことができる。

問題は、どーやってその時間を、もとい環境をつくるのかってことである。

子ども一人だけと向き合う時間が確保できない問題

で、どうやってそのマンツーマンの時間と環境をつくるかというと、一般的にシングルファザーで複数の子どもを育てている場合は……不可能と言ってもいい。

幸いにもぼくの場合は特殊な幼稚園の環境があるので、まわりに助けてくれるお母さんたちがたくさんいる。本当に助かっている。

けれども、男というのはチンケなプライドを後生大切にする愚かな生きものなので、なかなか助けてと言い出せないものなのである。

ワンオペ育児はマジで孤独

「ワンオペ」という言葉がメディアで取り上げられるようになった。

「ワンオペ」とはワンオペレーションのこと。外食チェーン店で深夜帯などに一人ですべての業務をこなすブラック業態を示す言葉だったものが、「ワンオペ育児」として子育ての現場に転用されたものである。

ワンオペ育児になってしまう理由はあげればキリがない。

  • 核家族化
  • 地域のコミュニティの消滅
  • 子育ての個人問題化
  • 配偶者の長時間労働化
  • などなど……

「世のママさんたち、お疲れ様です……」なんて思ってる男性の皆さん、対岸の火事を気取ってる場合じゃありませんよ。

ということは声を大にして言いたい。なぜかというと……

ワンオペ育児はママの問題なんて言ってられません

今後シングルファザーの件数は劇的に増える。絶対に増える。

下記の二つが理由。

  • 三組に一組が離婚している
  • 政府が女性の社会進出を誘導している

graph_2-2

アディーレ法律事務所 厚生労働省「平成22年人口動態統計」より

至極当然の結末なのだが、就労環境の男女差がなくなっていけば育児環境の男女差もなくなっていくわけで、男が子育てにコミットするのも当たり前になっていきますよね。

そんな社会環境の中で離婚をしたらどうなるか。

それは当然、女性が子どもを育てて男性は養育費を工面するなんてステレオタイプは崩壊して行くわけです。シングルファザーとして「ワンオペ育児」に絡め取られる人が増えていく。

その意味で、ぼくは図らずも最先端を突っ走ってます。

シングルの子育て互助の幸せなかたちを考えてみる

「ワンオペ育児」はマジでしんどい。

幸せな育児をするためには、性別を超えて互助組織的なものに参加することや、自らその環境をつくっていく必要がある。これは今後の最先端課題であるように思う。

まずは現況のシングル子育て互助について、性別の組み合わせで場合分けして考えてみる。

シングルファザーを交えた育児互助組織の必要性から、最終的に「セックスとシングル」という社会問題に言及して尻切れトンボで終わる気がする。というかそこに落としこむ。

シングルマザー同士の子育て互助

まずはシングルマザー×シングルマザーを考えてみる。

特筆すべきは女のフリー・コミュニケーション能力の高さですよ。井戸端会議を見ていると、彼女らのコミュニケーション能力は相当高いと言わざるをえない。男はあれができない。

また、先日も札幌で行われていたが、各地で「ママ・フェスタ」的なイベントやシングルマザーが集う会合が催されている。ベビーマッサージや子育て教室など、とかくお母さんと子どもが参加するイベントは頻繁に開催されている。

子育ての現場にいるという当事者意識

シングルマザー同士の子育て互助組織は、それらイベントの場やフリー・コミュニケーション能力の高さで自然発生的に生まれる場合が多いように思える。

もちろん言うまでもないが、子育て現場を取り仕切るものとしての当事者意識の高さもある。母は子育ての主役であると同時に、最終防衛ラインなのである。という強い自覚がある。

シングルの子育て互助という面に限定すれば、シングルマザーは性別の強みとしてもイベントの多さとしても、互助体制を構築する機会には恵まれているように思う。

もちろん、性別による雇用格差や給与格差など、別の社会問題は山ほどあるが。

シングルファザー同士の子育て互助

ぶっちゃけなにも調べないでこの文章を書いているのだが、まわりを見る限りシングルファザー同士の子育て互助は皆無である。

ではシングルファザーの母数(←ファザーの母数って変な表現だな)は増えているか? というところなのだが、これも何もエビデンスを調べていないが、実感としては急速に増えている気がする。

シングルファザーの子育て問題は、すでに水面下では進行しているが、今後社会問題として表面化してくるものと予想している。自分はその最先端にいるのかもしれない。

地蔵になる男

残念ながら男は女と比べフリー・コミュニケーション能力が残念なほど低いのである。

仕事という枠内であれば発揮されるかもしれないけれど、フリー・コミュニケーションとなれば男はもう地蔵状態。ママ友の会に参加したパパ同士のダンマリ具合はなかなかに味わい深いものがある。

なんとも微笑ましい光景だが、実際シングルファザーの立場になると、まったく笑えない。

こっそり隠れる男

シングルファザーの母数が増えている気がすると言っても、実際まわりを見渡しても、いないのである。

でも、本当は隠れているのかもしれない。だが、いたとしても、先に述べたように男同士でコミュニケーションをとろうとしないのが実情。

きっと、恥ずかしくてこっそり隠れているのである。

声を出さない男

シングルファザー同士の互助組織ができない理由は、まず何よりも「ぼくはシングルファザーですよ」という声をあげないことだ。男はちっぽけなプライドを後生大事に守ろうとする生きものなのですよ。

まずはここの意識転換が必要。

「ぼくはシングルファザーですよ」と声をあげることで、何かおもしろいことが起きるのではないかな、という気がする。

シングルマザーとシングルファザー間の子育て互助

幸いにもぼくの場合はこれが可能になる幼稚園の環境が整っている。「子ども預かるよ」とも「子ども預かって」とも言える共同体的な空気がある(もちろん礼儀はわきまえなきゃだけど)。

だが、一般的な社会で見ると、シングルマザーとシングルファザー間の子育て互助というものは、これまた皆無と言っていいのではないかという気がしている。

だが常識的に考えて、男には男の、女には女のできることがあるわけで、こと子育てに限って言えばシングルマザー×シングルファザーの互助は至極真っ当な形であるといえる。

では、なぜそれが素直に実現されないのか?

シングルマザー×シングルファザーの互助はなぜ成立しない?

なんとなく議論の本質に近づいてきた。

なぜシングルマザーとシングルファザー間の子育て互助が一般的に成立しにくいか?

あくまで私見だが、「単なる子育て互助で収まらない場合が多くなってしまう」のが理由ではないか、という気がしている。

一般的に(あくまで一般的に)離婚は「人間関係がうまくいかなかった」ために実行されたわけであって、これに対する恐怖感やなんとなく面倒な気持ち、トラウマはなかなか振りきれるものではない。

でも、人間が健全に人間であるには、やはり性的なものは必要なのである。

子育てから切り離された場所で、結婚から切り離された場所で、やはりセックスは必要なのである。(ここでのセックスの定義は「肌と心のふれあい」程度がもっとも適切であるように思う)

「結婚とセックスがセットになっている」問題

あらためて何が問題なのか一言で述べる。「社会通念として、結婚とセックスがセットになっている」ということである。

ここで明確にしておきたいのは、「結婚制度が問題なのだ」と断言したいわけではなく、「結婚制度が当てはまらない場合もあるよね」というファジーな態度、余白があってもいいのではないかということである。ダイバーシティ、とも言う。

なんとなく伝わるであろうか。

「セックスとシングル」は未だ日の目を見ぬ『社会問題』

現実的にシングルの性の部分を刹那的に埋めているのは、「ひとり」とか「風俗産業」とか「マッチングサイト」といったものではないかと思う。だが、残念ながらそれらで「肌と心のふれあい」の恒常的満足は得られないのが実際のところであろう。

結婚という制度を一度頭から外したときに立ちはだかるのが、「結婚とセックスがセットになっている」という日本における一般通念である。

またこの通念は、法律によって強い抑圧を受けている。

つまり、「セックスとシングル」は未だ日の目を見ぬ『社会問題』である。

まとめ 個人と社会の両輪で

というわけで長くなってしまった。

今後、シングルファザーとして子育てをするのは何も特別ではないことになっていくと思っている。実際自分もそうだしね。

で、幸せな子育てのために、お互いに助け合える場をつくれたらいいなと思っているのだけれど、考えれば考えるほど「婚姻制度」だったり「社会通念」だったりというものがブロックをかけてくるわけで、そのあたりをゆるやかに解決していけたらいいな。

そして、育児をお互いに助け合える場をどうつくっていくか。

それは政府主導でトップダウンでつくられるものではなく、あくまで個人間の対話からはじめて調整していくような、ゆるやかなつくり方からはじめていくものだとは思う。

ただし一方では、社会問題と捉えて制度をつくっていくことも、抜本的解決には必要なことだと感じている。全てを個人に還元するにはあまりにも社会の情勢が厳しい。

最後まで読んでいただきありがとうございました! 我ながらグッとくること呟きますので、twitterフォロー していただけると嬉しいです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で鈴木ずかんをフォローしよう!