【マインドマップ書評】象の鼻としっぽ|細谷功丨コミュニケーションギャップの教科書

この記事をシェアしてみよう

僕は根本的に

「思いは伝わらない」派

です。

一生懸命伝えようとしても思いは、残念ながら伝わらない。それでいいと思っています。

伝わったか伝わってないかよりも、伝えようと相手に思いを馳せること。それが大切でそれこそがコミュニケーションの本質ではないかと。

「伝えること」に意味はないけど、伝えあうこと=「コミュニケーション」には意味があると思います。

著者の細谷功さんは、

コミュニケーションギャップの三つの原因は、なくすものではなく意識するものだ

との姿勢をとっています。

コミュニケーションギャップの三つの原因というのは、

  1. 人間は例外なく自分中心
  2. 「伝わっている」という幻想
  3. 象の鼻としっぽを別々に見ている

です。

僕もその通りだと思います。

そして、どちらの道を選択するかを問うています。

1. 通じないのは相手のせいにして、自分は本能のおもむくままの言動をする

2. 通じないのは自分の工夫が足りないせいなので、日々工夫を重ねる

どちらも正解ですが、著者は2.をより豊かなものとしているようです。僕はずっと2.に“囚われて”生きてきました。しかし、1.もまた真なり、と、最近思います。もっと独善的に生きてもいいのではないかと。

「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」アルフレッド・アドラー

全人類が読む価値のある本ですが、特に「理詰めでコミュニケーションを科学してみたい」
という方にお勧めです。

最後まで読んでいただきありがとうございました! 我ながらグッとくること呟きますので、twitterフォロー していただけると嬉しいです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で鈴木ずかんをフォローしよう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)